« 新橋演舞場「魔界転生」の感想 | Main | 久々の生け花展示(In 小金井公園) »

September 22, 2006

「トンマッコルへようこそ」の感想

 「トンマッコルへようこそ」を試写会で見てきました。これも、泣きと笑いのバランスが絶妙で、作品的に長けているなーという印象でした。でも、新人監督らしいけど。出てる俳優も「既にスター」という人ではなく「これから~」もしくは「実力派脇キャラ」の人が中心でしたので、変な色が無い分余計に良かったのかなー、とも思いました。笑いと泣きの振り幅が大きい分、揺さぶられ度が高くなる、というのもあるかも。グルメリアにとっては、ガラスの靴がそうだった・・・。ホッコリ緩んだ気持ちに、ググッとくる、みたいな・・・(わかりにくい表現ですが)。

 今回、韓流嫌いの友人と行ったのですが(何故かこれは見たかったらしい・・・)、結構ツボにはまったみたいで、思い切り笑ってるし、泣いてるし、面白かったと言ってました(フフ、韓流を甘く見るべからざる!ですよ)。「ベタベタなのは見る気しないけど、見直したかも」的な事も言っていました。内心「そうでしょ、そうでしょ、でしょでしょ?!」と喜びながらも「そう?」とクールに反応したグルメリアでした。

 トンマッコルは韓国モノにしては、恋愛テイストはほのか~に漂うくらいに控えめで、敵対する人間同士が、心を許しあって、トンマッコル村での平和な生活に癒されていく過程がじっくりと描かれていました。本人たちにとっては危機的状況ですっごいマジなんだけど、はたから見ると笑えるシチュエーションだったりして。全体的にどことなくファンタジックでもあって、見終わったら優しい気分になれる、そんな映画でした。久石譲さんが音楽を担当されてますが、情感溢れるとても素敵な曲で良かったです。ぜひぜひオススメの映画です。

「トンマッコルへようこそ」公式HPに掲載されている予告編のリンクです。

« 新橋演舞場「魔界転生」の感想 | Main | 久々の生け花展示(In 小金井公園) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38109/11992862

Listed below are links to weblogs that reference 「トンマッコルへようこそ」の感想:

» トンマッコルへようこそ [活きた金の使い方]
トンマッコルへようこそを観た。@ヤクルトホール、試写会 ※ネタバレ注意! [Read More]

» 涙、涙・・・ [YOU-kiss]
久しぶりに先行試写会に行って来ました。 その名も『トンマッコルへようこそ』。 キャッチコピーは“800万人が笑って泣いた、感動のエンターテイメント”。 う゛ーん。。。 この手のコピーの韓国映画で時間を無駄にしたこと、たぁくさんあります。 “3人に1... [Read More]

» トンマッコルへようこそ 06年211本目 [猫姫じゃ]
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高がフラガール...... [Read More]

« 新橋演舞場「魔界転生」の感想 | Main | 久々の生け花展示(In 小金井公園) »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

My Lists

無料ブログはココログ

グルメリアBOOKS

Recent Trackbacks